赤ちゃんでもしっかり日焼け止め

赤ちゃんの肌はきめが細かく滑らかですべすべですが、実はとても乾燥しやすい状態なのです。触ってみるととてもふわふわで何もする必要はないように感じますが、赤ちゃんには圧倒的に皮脂が足りないのです。つまり体の内側から出てくる水分量がものすごいためふわふわな肌を維持できていますが、それを維持する保湿が足りないのです。よって外的要因にとても弱く冬になると白く乾燥してしまうこともあるのです。冬は乾燥というイメージがあるのですぐに対応できますが、実は夏も乾燥しています。夏に乾燥というイメージがないだけなのですが、夏も乾燥しやすいのでそこに真夏の紫外線があたってしまうと日焼けしやすくなってしまうのです。肌がひりひりと焼けてしまうとその状態は不快以外の何物でもありません。大人でも日焼けをしすぎると痛みを感じることがあります。赤ちゃんにとっても同様で、痛みにより泣いてしまうこともあるのです。夜泣きの原因になることもあるので、きちんとしたケアをしてあげることが大切です。そこで、日焼け止めクリームの出番となるのですが、実は0歳から使用できる市販の日焼け止めがたくさん売られています。全身に使えるうえベビーソープで簡単に落とすことができるのでぜひ使用したいものです。また、顔には日焼け止めは使えないのではと思いがちですが、しっかり使えます。もちろん目や口の周りは避けてくださいね。日焼け止めの落とし方ですがウェットティッシュタイプの日焼け止め落としが売っているのでそちらを利用すると便利です。日焼け止めサプリなども出てるのでチェックしてみましょう。